ペータース教会

ドイツのバイエルン州にミュンヘンという街があります。ドイツの中でも3本の指に入る程の大きな街で非常に歴史の古い街です。ですがドイツ観光としてはライン川下りやロマンチック街道を巡る旅が有名で、ミュンヘンという街に観光の眼が集まることは少ないのではないでしょうか。

今回は特にミュンヘンっ子の間で年寄ペーターと親しまれている教会をご紹介します。年寄ペーターの正式名称はペータース教会といいます。街の中心部であるマリエン広場の少し南にあります。この教会の建築は12世紀にまで逆のぼり、ミュンヘン中心部では最古の教会と言われています。当初はロマネスク様式であったようですが、13世紀にはゴシック様式に変わります。しかし1327年のミュンヘン大火によって破壊されてしまい、再建されたのは1368年となりました。そのあとにも何度か修復が加えられ、今の形に完成したのは1386年のことです。この数奇な運命によってペータース教会は宗教色の濃い渋い見た目のゴシック調、シンメトリーを重視して大理石等を使うルネサンス調、荘厳な中にも絢爛豪華さが漂うゴシック調、この3つの建築様式が絶妙に混在する貴重な建築物となったのです。このことこそが年寄ペーターのニックネームの由縁なのでしょう。そしてペータース教会に訪れたら最も体験してもらいたいことが、教会の塔からの展望です。塔の上まで行く階段は300段もあり、狭いので登り切ることはとても大変です。

でも塔の上から眺める景色はヨーロッパの中世の街によくみられる中心部から放射線状に広がる街並みと、アルプスに土地ならではの美しい空のコラボレーションを眺望出来るのでとてもおすすめです。ペータース教会以外にも歴史のある教会が残されており、レンガ造りの建物も塔の上から充分楽しむことが出来るのです。ただ季節によって塔の閉鎖時間が変わることがあるので時間の確認と、歩きやすい靴の装備をお忘れなく。

ミュンヘンにはビール工房があるだけあって、ビールのイベントも催されます。旅行の際に一緒にコースで組み込んで見てはいかがでしょうか。これからの季節はクリスマスに向けてドイツ特有の可愛らしい街の装いも期待できます。日本から飛行機で直接行くことも可能ですし、ベルリンやフランクフルトを経由して特急列車で向かうことも出来てアクセスの面でも不自由することは少ないので、ドイツ観光の際に是非立ち寄って中世の世界に浸ってみてください。