ノイシュヴァンシュタイン城

ヨーロッパにはたくさんのお城がありますが、その中でもとりわけ有名なのはドイツのノイシュヴァンシュタイン城でしょう。テレビや雑誌などでも良く見かけますし、ドイツの観光情報誌でもよく掲載されていてあのお城の事かなと想像した人もいるかもしれません。もちろん名前は知らなかったとしても、ポストカードなどで写真は見たことがある人がいるでしょう。

このお城は、ドイツ南部のバイエルン州のバイエルン、シュヴァーベン地方にありますロマンチック街道の終点にあるので人気の観光スポットとして立ち寄る人も多くいます。内部の見学も可能なので、是非とも見ておくといいでしょう。おとぎ話に出てくるような美しさのお城ですから、カリフォルニアや香港のディズニーランドのアトラクションのモデルになっているとも言われています。

ノイシュヴァンシュタイン城の楽しみ方も人それぞれですが、近くに出かけて内部を見学するだけでなく、周辺の離れた場所から見て楽しむというのもかなり乙なものです。特にマリエン橋からみるこのお城の姿は格別に美しいと言われていて、多くのメディアでも良く見かけます。その美しさを実際に体験すると、やはり写真に収めるだけでなくてずっと眺めていたいと思えるものです。知名度の高さからか、かなりの人で混雑しています。休日にはこぞって出かける人が多いのでとても賑わっていますから、出かけたいと思っているなら日程の調整もしておくといいでしょう。

建設された経緯自体は、このノイシュヴァンシュタイン城を建てたバイエルン王ルートヴィヒ2世の思い入れによるものと言ってもいいでしょう。ワーグナーを愛した彼は、自分自身が考える作品として中世への憧れを形にするロマンティックなお城を作ろうとして出来上がったものです。その為、ドイツの城館には必ずと言ってもいいほどある小聖堂や墓地などがどこにも見当たりません。世界遺産ではないのはなぜだとよく言われますが、やはりその美しさと反対に基準を満たしていない部分があるからだとも言われます。

見学の際にはツアーの参加が必須となっていますので、出かける前には予約をしておくようにしましょう。美しい外観を見て楽しむか、または中からもじっくり楽しむのかは自分次第です。

様々なメディアでも見かけるノイシュヴァンシュタイン城を自分の目でしっかりと見てみましょう。きっと新たな魅力を発見する事もできるのではないでしょうか。